長持ち住宅

高気密・高断熱住宅は危険?!

さむ~い日が続く今年の冬。

リビングだけでなく、廊下や脱衣、お風呂も暖かい家が欲しいですね~。
ようやく、戸建の住宅づくりにも高気密・高断熱のお住まいが普及してきました。
一見、快適そうに見えるお住まいですが、逆に家の寿命を短くしてしまう事例が多く報告されています。

断熱材がしっかり入れられたお住まい。
寒~い冬も暖かく快適に過ごせるようになりました。

ところが、断熱性、気密性が良くなったために
逆に木材の呼吸を妨げたり、見えない壁内部での結露が起こったり
新たな問題が出てきています。

断熱方法は色々ありますが、それぞれに長所・短所があり
どれが正解というのは難しいですね。

和工務店がご提案する住宅、
『太陽・地熱等の自然と無垢素材の力を最大限に生かした、大空間のお住まい』に
よりふさわしい断熱方法として『外断熱二重通気工法』を選定。
30年近い実績から工法の短所と思われるところと
真面目に向き合って改善方法を確立してきました。

今起こっている問題や事前に防ぐための情報を
国土技術製作総合研究所が住まい手向けにまとめたものが
HPに詳しく掲載されています。
これからお住まいづくりをなさる方、少し難しい部分もありますが
ご参考にご覧いただき、より安心なお住まいづくりをなさいますように。

私たちもより真面目に向き合っていきたいと思います。
【住まい手向け】長持ち住宅ガイドライン
【長持ち住宅の選び方】