gradation

作業場の風景。これは何でしょう?

gradation和工務店には、木の加工場があります。
用途や使用場所に合わせて適した樹種を選定、お施主様のお好みにあわせて、選定した樹種を加工して造作材として使用します。
材料の癖をみて使う方向を決めたり、材種により加工する時の注意も色々。柔らかい材料の時は良く刃を研いで・・・等、大工さんの技が発揮されます。

そんな、材木を削ったカンナ屑が地層の様になっていました。下から、杉、ブラックチェリー・・・

大工さんの技を未来にも引き継ぐため、
和工務店では大工の育成にも力を入れています!