和工務店のほっとテクノロジーは、
新しくてあたたかい。

お客様の「大切な家時間」を守り、支える4つのテクノロジー。
それは、外断熱二重通気工法、地熱利用(基礎外断熱)、
全熱交換型第一種換気、温水式床下暖房システムです。
すべては、これまでの家づくりの経験を生かし、
研究、開発、改善を重ねてたどりついたもの。
いちばん新しくて、あたたかい、
和工務店ならではの「ほっとテクノロジー」です。

嬉しいのは、
「ほっとテクノロジーにしてよかった」
というお客様の声。

小学生の長男が花粉とカビによるアレルギーに悩まされていました。家の中にいてもくしゃみや鼻水が出るので、できるだけ密閉した構造をとお願いしました。今は、家の中では症状が軽減され、勉強にも集中できるようになってきたようです。

赤ちゃんがいるので、音が静かでクリーンな冷暖房システムが希望でした。新築した家では、ブーンという機械の音が気にならず、フィルターの掃除に手間もかからないので、子育て中の主婦には助かります。

新築したら床暖房、というのが家族の夢でしたが、床暖房に使える無垢材は専用の高価なものだと知りショックを受けました。せっかく木の家を建てるのに、と悩みに悩んでいたところ、和工務店で床下空間に暖房機を置くことを提案していただき、無垢の床材が実現しました。やはり木の床はぬくもりが違います。

二世帯住宅にしましたが、親世帯は母だけなので、バリアフリーと安全な暖房システムにこだわりました。部屋の中に暖房器具を使わなくてもあたたかく、どこからか冷気が入り込んでくることもないので、近所の友人を呼んで賑やかに暮らしています。