横フォーマット

2月4日 お住まい拝見見学会宅 満員御礼

2月4日(土)【薪ストーブと家事の家】お住まい拝見見学会の向けて
H様宅に訪問してまいりました。

 

窓の明かりが優しく出迎えてくれました。
玄関廻りのダウンライトは近づくとボオッと明るくなり
お出迎えされているようで心地良いです。 続きを読む

11月になりました。床下暖房をONに!

11月になりました。

KAZで標準仕様としてお勧めしている床下暖房を
そろそろONにする時期です。

床下暖房は家のベースの温度を15度以下に下げないための
基本的な暖房機器。
%e6%89%8b%e6%9a%96%e3%81%8b寒くなりすぎてからの稼働では、
躯体が温まるのに時間がかかってしまいますので
少し寒いかなと感じ初める今頃に
少しづつ運転を開始していただくと
さむ~い冬も快適にお過ごしいただけます♪

不動産業の免許を取得しました

和工務店は、この度、不動産業の免許を取得いたしました。

『木の注文住宅づくりを通してお客様の大切な家時間の創造、ご提供のお手伝いをしていく』
KAZの姿勢はそのままに、
家づくりを始めれる方、KAZで家づくりをしてくださったOB様のご生活が
安心、快適でありますよう、お手伝いをしていくご準備を始めております。

具体的なご案内はこれから進めて参ります。
まずはお知らせのみですが、
どうぞご期待くださいませ。

 

ZEHビルダーに登録しました。

暮らしやすさ、断熱性能、省エネには以前から力を入れているKAZ。
この度、登録が無事完了し、ZEH(ゼッチ)ビルダーになりました!

ところでZEHビルダーって何なんでしょうか?

ZEH(読み:ゼッチ)とはNet Zero Energy House(ネットゼロエネルギーハウス)の略で、
一言でいえば「使用する電力」<「創り出す電力」となる住宅です。
つまり住宅の断熱性能をあげて無駄な電力消費を抑え、
なおかつ太陽光パネルで発電をして電力を創り出し
その差がゼロもしくは創り出す電力の方が大きくなる住宅をさします。

経済産業省のエネルギー基本計画では、
「住宅については、2020 年までに標準的な新築 住宅で、
2030 年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」 とされています。

少しわかりにくいですが4年後の2020年には新築住宅の50%が
ZEH住宅になることを目指しています。

住宅の性能をアップしてZEH住宅にするにはどうしても金額が高くなりますが
条件を満たせば補助金(125万円+蓄電池使用で5万円)をもらうこともできます。

また、この補助金を受けるためには
ZEHビルダー登録制度の公募審査に合格した
「ZEHビルダー」に家を建ててもらう事が必須条件となるわけです。

まずはお施主様にZEH(ゼッチ)のことを知っていただく努力から。

お施主様の快適な生活と豊かな自然環境を守るお手伝いを
少しでもできますようにと願っています。

システムメンテナンスのお知らせ

いつも和工務店のホームページをご利用いただき、誠に有難うございます。

このたびシステムメンテナンスのため、6月30日午前0時~午前6時の間、
当ホームページの全てのサービスがご利用いただけません。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。