042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

青梅の山里より、石窯で焼くおいしいパン

140306---3

先日、とってもおいしいパンを頂きました。
まずは大人が両手にしっかり持てるほどのビッグな外見にびっくり!!
まるで絵本の「ぐりとぐら」に出てきそう・・・^^

素朴で優しい味わいのこのパンは、石薪窯パン&ケーキ 麦mugiさんが週3日、
青梅の山里でのんびりと焼いているそうです。
石窯でじっくりしっかり焼いているので、日持ちもするのだとか。
実はりんごのケーキも頂いたのですが、こちらもとってもおいしくて、
写真を撮る前に子供たちと食べつくしてしまいました(笑)
こちらのケーキはふわふわとしていて甘すぎず、子供にも年配の方にも食べやすそう。
プレゼントにも喜ばれるかもしれません。

パン屋さんのお隣には山里に囲まれた静かなイベントスペースもあるそうで、
「まだ名もない小屋」という気になる名前と、音楽のイベントについて紹介されていました。
森の中で音楽会なんて素敵ですよね。
もし近くに行くことがあったら寄ってみたいなぁと思ったお店でした。

そして震災から3年が経った今日。
「ただいま」と帰れる暖かい家があること。
家族と安心して笑い、食事をし、眠れる家があるということ。
それがどれほどかけがえのないものなのか。
あらためて今日という日常に心から感謝しつつ、
家づくりにかかわる私たちも出来ることを模索し、忘れず、日々歩んでいきたいと思います。