042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

キッズコーナーより木のおもちゃのご紹介(外国製編)

以前好評だった和工務店・キッズコーナーの「おもちゃご紹介」の記事。
今日は第2弾!「外国製の木のおもちゃ」を紹介いたします。

まずは、愛らしい顔が何とも言えない「木馬のペーター」のご紹介。
ケラー社 木馬こちらは1864年創立のドイツの「ケラー社」の商品で「木馬のケラー社」と言われるほど有名なおもちゃです。
今作られている木製の木馬の元祖とも言われているその無駄のない美しいフォルムは、1954年から販売され続けています。和工務店のキッズコーナーにあるペーターは、赤/黒/黄色のジャーマンカラーで非常に珍しいカラーリングです。(ちなみに我が家には白木と赤のペーターがいます。小学生になった長男も今だに乗っていますよ~)

また、ケラー社のおもちゃで他に有名なのは「木の車シリーズ」です。
ケラー社 車ずっしりとした木の重さが、ミニカーとは違う感触とその頑丈さは楽しさを子どもにあたえるとともに、そのデフォルメされた美しさとカラフルな色合いは、飾っておいても楽しいです。)

赤い屋根のドールハウスが有名な木の玩具メーカー、ドイツ「バウアー社」の「ミニキッチン」もキッズコーナーで大人気です。
バウアー社 ミニキッチン木の野菜をトントンと切りながら、子どもたちはおままごとに夢中になります。マリントラ社の赤いキッチン(現在はニック社で販売)も有名ですが、バウアー社のキッチンはコンパクトなので、日本のお家にもちょうどよいサイズとなっています。(同じサイズで、コンロもシリーズ展開しています。)

最後にご紹介するのは、キッズコーナーに新登場の「木の4輪車」。
ラジオフライヤー 四輪車木のおもちゃはドイツが有名ですが、こちらはアメリカの「ラジオフライアー社」のもの。現在は金属製のおもちゃがほとんどですが、こちらはめずらしい木製ビンテージのおもちゃ。打ち合わせ中でも、お子さまたちがオフィスをこの車に乗って楽しんでいます。

前回はてらうちさだおさんの木のおもちゃのご紹介でした。その後寺内定夫さんのアトリエのスタッフの方ともご縁があり、今年の「KAZのお花見会」では小さな企画展も開催することができました。素敵なご縁に心より感謝しています。

和工務店にある小さなキッズコーナー。ほんの小さなスペースですが、せっかく「工務店」にあるのだから、できるだけ良いおもちゃに触れて、遊んで、楽しんで頂きたいなぁとの想いから、時々おもちゃが増えたり入れ替わったりしています。今回紹介したおもちゃもすべてお古ですが、やはり木は時間が経っても「いい味」を出してくれます。このおもちゃのように、親子孫へと受け継がれるような、時とともに魅力的に成長する家づくりを和工務店も目指しています。

和工務店へ遊びにいらした際は、ぜひ遊んで行ってくださいね。^^
キッズコーナーのおもちゃたちと共に、KAZスタッフ一同お待ちしております。