042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

ご存知ですか?省エネに関する最近の動き

「次世代省エネルギー基準」ってご存知ですか?
今年の4月から、住宅における「改正省エネルギー基準」が完全施行になりました。2020年には義務化されます。

通称「省エネ法」(エネルギーの使用の合理化に関する法律)により、住宅の建築主に対して、省エネの実現に対する努力義務を課しているのが「住宅の省エネルギー基準」です。1980年(昭和55年)の省エネ法の制定以来、法律の改正ごとに強化されてきました。

では一体何が変わったのか?

簡単に言うと、今までは住宅の外皮の性能(外気と室内を分ける外壁や窓など)を評価するものでしたが、「設備性能の評価」を加え、建物全体の省エネルギー性能を判断するようになりました。外皮の性能にも新しく計算方法が改められ、「どの材料(断熱材、窓など)を使用したか」だけではなく、数値的な根拠が求められるようになりました。2020年の義務化以降は省エネ基準を満たした住宅が増えていくことを考えると、対策次第では既存住宅市場の中ではマイナス要因になることも考えられます。

詳しい内容は様々なサイトで紹介されているのでここでは触れませんが、
「お客さまにとって本当に価値ある住まい」のために、これからの家づくりで大切なこと。

・今まで以上に住宅の省エネ化をしっかりと意識した家づくりを行なうこと。
・建物全体の断熱性能だけではなく、設備機器も含めてバランスのとれたご提案が出来ること。

和工務店ではもともと住宅性能表示制度による「温熱環境(省エネ性)」最高等級4を標準で満たす家づくりに早くから取り組んでまいりましたが、新しく改められた計算方法と数値で省エネ性能示すことが出来るよう、現在社内で取り組んでいる最中です。

これからは数字で既存住宅が評価され、
「あなたのお宅の〇〇性能の数値は〇〇なの?」
「うちの数値は〇〇なのよ~。だから冬寒くって~」
なんて会話が聞こえてくる日が来るのでしょうか?

最後に、ひとつ気を付けていきたいこと。
家の「住み心地」を、数字だけで判断するのはちょっと危険です。
本当に「居心地の良い」家づくり。それを作り上げるためには様々な要素、手法が考えられます。
「確かな性能」は基本中の基本と考え、お客さまひとりひとりにとって「居心地の良い」空間づくりをプラスして行く・・・そんな本当に価値ある家づくりにこれからも取り組んでいきたいと思います。