042-729-2182
【1/23開催】構造見学会 - 敷地に寄り添う家

【1/23(日) 構造見学会】敷地に寄り添う 建築好きご夫妻のお住まい

敷地に寄り添う 建築好きご夫妻のお住まい

東京都国分寺市

2022年1月23日 10時~15時 開催

1時間入替制 同時間2組様限定で御案内いたします。

お敷地は緩いカーブの角地、お敷地に沿った建物形状となりました

敷地の形状に寄り添う建物。角度をずらした二つの長方形を重ねた建物形状です。
K様はご夫妻とも建築に詳しくデザインがお好きなお施主様。
設計担当の香川も大の建築好き。いつにも増して建築談義に花咲く、楽しいお打合せをさせて頂いております。

KAZの設計施工は完全な注文住宅

標準設計ルールや仕様に制限されることなく、ご希望の空間、仕上げをご提案していきます。

構造の安定・建物性能を大事にしています。

自由設計をしながらも、耐震等級・気密断熱性能・冬の日差しを取り入れて、夏の日差しをシャットアウトする仕組、空気の流れなどは、とても大事に考えて、丁寧な設計、家づくりをしています。

完成してしまうと見えない部分を見学できるチャンス

  • 外断熱二重通気工法とは
  • 太陽・風・地熱利用で夏を涼しく冬を暖かくする仕組
  • 基礎外断熱実績30年、進化したシロアリ対策
  • 構造材に使っている材料について
  • 構造の強度、地震の対策について

構造材には和歌山のブランド杉【山長商店】の杉を使っています。

山長商店さんは江戸時代中期に創業という歴史を持ちつつ、木材の安定した強度、美しさ、機械化、構造計算の取り組みなどを兼ね備えた、KAZが自信をもって勧めする材木屋さんです。
耐震住宅、SE構法にご興味のある方にとってもおススメの見学会です。

丁寧に育てられた山長商店の構造材は、美しく、強度が強く、無垢の構造材にはつきものの経年の狂いも最小限です。

素性の良い木の苗から育て、間伐しながら、本当に良い木だけを残して伐採、加工後にも基準にあうもののみ木材として使用されます。もちろん木材として使われない木も乾燥機の燃料として等、廃棄することなく生かされています。

KAZでは、4寸(12センチ角)の柱を採用しています。

耐力壁には構造面材(合板)はなるべく用いず、無垢の木をXに交差させる筋交を採用しています。

化学物質、接着剤の経年変化への配慮でなるべく接着剤を使用しない家づくりを目指しているため、合板の耐力壁より手間がかかりますが、KAZでは無垢の木で作る構造壁、筋交をお勧めしています。筋交金物には、一般的なものより大きめで繰返し地震にも耐えうる筋交金物を採用しています。

※当物件は、敷地に沿った建物形状で耐震等級を確保するため、一般の建物より耐力面材が筋交のみではく、構造用合板の併用が多くなっています。

現場の様子

棟上げの後、飾られた幣帛(へいぐし)。

化粧材(みせる)柱や梁は大事に養生してあります。木目も表面仕上げも大変美しいです。

天井下地の様子

細い木の部分はダイニングの天井(2,5m)
向こうがリビング天井(レッドシダー板貼)(2.7m)の予定です。

完成予定イメージ

3Dで完成イメージを共有しながらお打合せをしています。

家づくりを具体的に考えていらっしゃる方、何となく考え始めた方。

現場担当スタッフと、わたくし広報担当の若月が、現場をご案内いたします。疑問、質問何でもお尋ねください。
皆さまのご参加をKAZスタッフ一同心からお待ちしております。

家族構成2名 ご夫婦 
所在地東京都国分寺市
竣工予定2022年4月
敷地面積152.09㎡(46坪)
延床面積117.28 ㎡(35.47坪)
1階57.81㎡(17.48坪)
2階59.47㎡(17.98坪)
構造/工法木造軸組/外断熱二重通気工法

断熱材:屋根ネオマフォーム 50mm 
壁ネオマフォーム40mm
窓  :YKK APW330
その他外皮平均熱貫流率(UA値):0.5W/m²K
相当隙間面積(C値):〇 cm2/ m2(2022年1月測定予定)
冷房期の平均日射取得率:1.8ηAC

皆さまのご参加を心からお待ちしております。