042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

KAZが考えるSEでの家づくり
和工務店は「耐震工法SE構法プレミアムパートナー」です。


本当に、耐震構法が最高の選択肢なのでしょうか?
私たちが創るのはお施主様の大切な家時間です。
その「家時間」は「暮らしの愉しみ」とも言えます。
そしてそんな愉しみはかけがえのない命を守れてこそ。
耐震構法を選ばれるお客様の大事なものを守りたい。
そのために私たちができることがあります。

「叶えられる夢」が最高の夢

私は、時々そんな風に思うのです。
安心できる構造にお金をかけ、素材に、意匠に︙
予算の兼ね合いで最後に「愉しみ」が奪われぬよう
私たちの経験と工夫でベストな選択肢を提案します。

代表SE構法施工管理技士 香川 秀真

職人道で叶える“私がまま”な家づくり

大工仕事の良さを生かしたSE構法があります。
叶えられる家づくりを支えるパートナーがいます。
家づくりに夢中になれるスタッフと共に。

狭小・変形地・インナーガレージ等」構造や採光で不利になりがちなプランニングの課題に挑戦

自社工房で職人がつくる造作家具」は優しい値段で木の家の温もりと使い勝手を実現

細長くて構造的に強度確保が難しいお敷地でも」安心・安全なプランをご提案


SE構法が目指すのは『大工からノミとカンナを奪え!』。
構造部分は誰が施工しても安心なSE構法。しかし、
KAZでは構造・内部共に熟練大工でしかできない施工をしています。

SE構法 Q&A

SE構法だとプランの持ち込みはNG?

夫婦で話し合った理想のカタチがありますが…

むしろ大歓迎です♪ 法的・構造などの観点から実現できるプランに調整してご提案しております。リクエストいただければ、ご希望のプランをヒントに私共からのご提案も致しております。

SE構法だと予算が心配です…

耐震工法に興味があるけれど相談するのに気が引けて…

在来の軸組を熟知したKAZだからこそお勧めできる耐震等級3の在来工法と、耐震構法SE構法でつくる家づくりでは構造にかかる部分の金額の差は全体で見ると1/10程度(30坪の家で100万円くらい)です。両者の違いを丁寧にお伝えしながら長期で計画する家づくりのご相談にもお応えしております。

SE構法でも無垢の木が使える?

日本らしい質感の良い「木の家」が理想ですが…

SE構法の梁と柱には強度性能を統一させるために「構造用集成材(無垢材の約1.6倍の強度)」が使われます。しかしながら、それ以外の箇所にはチーク、ブラックチェリー、ブラックウォールナット、タモ、レッドシダー、パイン、ピーラー、杉、檜など、お好みに合わせて最適な樹種で無垢の木の良さを存分に発揮できます。また、在来工法では”強い無垢材”を謳う山長商店の紀州材を標準仕様としています。山長商店の構造材は、1本1本強度の証明がされていますので安心です。

SE構法は化学物質の揮発がある?

家族がアレルギー体質で心配なところがあります…

近年問題視されているシックハウス症候群に対応するため、ホルムアルデヒドの放散量がほとんどない、JASで認められた「F☆☆☆☆」等級の安全な集成材を使用しています。また、壁に調湿・清浄効果が見込まれる漆喰や珪藻土を用いた事例も多数ございますので、ぜひ完成宅見学会で実際をお確かめいただければと思います。

SE構法は整形地にしか使えない?

SE構法は崖地や変形地など不整形地でも使えますか…

確かに不整形地で建てることを嫌がるビルダーさんがいることも事実です。施工の難易度もが上がり、精度を出すのが大変だからです。しかし、私たちはそれを敷地の個性と捉えながらできるだけ短所を長所にかえる家づくりをしたいと考えています。どうぞ遠慮なくご相談ください。

SE構法はリフォームには使えない?

建て替えるほどではないですが古い家で大地震が心配で…

和工務店ではSE構法を用いたリフォーム工事にも対応しています。弊社施工以外のご住居につきましては設計当時の図面確認と調査を踏まえた上で判断させていただいております。耐震性能を上げるのみならず、家族構成の変化にともなう部屋数の整理≒大空間リビングの実現など住み心地にこだわったご提案が得意です。大きなお住いの一部をシェルターとして備えていただく工事にも対応しております。

いつの間にかSE構法で決めました

プランの最初はSE構法がご念頭になかった事例。
建物の立地条件や住まい方へのこだわりをうかがい
ベストな選択肢としてご提案に至りました。

社員 森さんの『SE構法で建てた漆喰の家』
  • 美術館のような光あふれる中庭

SE構法の家づくりFAQ


設計事務所、ショールーム勤務などの経験を経て、和工務店に入社いたしました。
弊社でも、お打ち合わせ、設計、現場管理を10年以上担当した経験を活かして、初めてご来社くださった方々に、詳しく、より分かりやすいご説明を心がけております。
もちろんデザインに関するお話しも大好きです。
いろいろとご相談いただきながら、家づくりを楽しんでいただくお手伝いをさせていただければと思っております。

営業・広報 若月いづみ《一級建築士》

工務店について、もっと知りたい。

年間10~15棟、1か月に1物件が棟上げをするペースで施工させて頂いています。
竣工までお施主様のご意向を現場に反映できるよう、打ち合わせ担当の設計士が現場を確認、大工出身の社長が認めた大工チームが、現場を確認できるスケジュールで施工をさせて頂いております。

町田市成瀬の本社事務所から、車で1時間以内の範囲の施工を承っています。
全国に営業拠点を置くビルダーさんとは違い、KAZは地域密着型の工務店です。
設計時の下見、施工、アフターメンテナンス等、行き届いたサービスで施工管理させていただく為、遠方からのご依頼については大変恐れいりますが、お断わりさせて頂いております。詳しくは施工エリア実績をご覧くださいませ。

仕様について詳しく知りたい

KAZでは、30年前から高気密高断熱の家づくりに取り組み、当時からゼロエネルギー基準のUA値0.6W/㎡K程度の断熱性能の家づくりをしています。
断熱材を多く詰め込めば、断熱性能を表すUA値の数値は良くなりますが、それ以外に地熱利用や風の流れ、結露しない仕組作りなど、大事にすべきところがあると考えているため、費用対効果の点からも、この程度の断熱性能が適正とKAZでは考えております。

KAZの家は、外断熱・二重通気工法を採用しています。外断熱二重通気の家の仕組みは、昔の藁ぶき屋根の考え方と同じ。夏は土の冷たさをもらって室内を涼しくし、屋根下にある排気口から、常に室内の熱気を排気します。井戸水って夏は冷たく、冬は暖かく感じますよね。それと同様に床下の土間の温度は年間を通してほぼ一定。その力で、夏涼しく、冬暖かく室内を保つことができます。

30年あまりにおよぶ家づくりの経験から、結露やカビの悩みから開放された、健康で心地よい暮らしのためのコツを深く理解し、実践しています。

KAZの設計士は外構も含めた住まいを本来の家だと解釈しています。カーポートやウッドデッキ、もしかしたら老犬(ペット)用のスロープ設置の必要性まで、ご予算を念頭に一緒になってお施主様のワクワクにお付き合いしたいと考えております。

坪単価など金額について知りたい

坪単価は家の面積が少ないほど、割高になる傾向があります。
家の面積に関わらず、設備やライフラインなどの費用が一定にかかるためです。
家本体は、家の大きさを20坪までとそれ以上の部分に分けて計算いただくと目安になる費用が分かりやすいです。
20坪までは100万円/坪、それ以上は70~80万円/坪として計算していただくと分かりやすいです。
例)30坪の家の場合 2700万円=100万円×20坪+70万円×(30‐20)坪

上記坪単価はKAZが一番お勧めしたい仕様(吹抜やアウトドアリビングバルコニー、上質な自然素材、造作家具、床下暖房システム等も含む)費用です。
こだわりのある部分、割り切れる部分等を上手く調整すれば-300万円くらいのコストダウンは可能です。
その他、プランの工夫でコストを抑えられる方法をご提案できますのでまずはご相談くださいませ。

家本体の価格は同じになります。
解体費用、水道配管が古い場合やりかえの必要などありますので別途かかる費用がございます。

スケジュールについて知りたい

お敷地が決まってから、ほぼ1年位でお引渡の方が多いです。
プラン決定、詳細打ち合わせ(最短で3か月)、工期は6か月程度かかります。
お施主様のこだわりを実現できるように詳細をお打合せ、外断熱のための施工、大工の技術を生かした造作等、丁寧に作り上げさせていただきます。

はい。KAZの得意なことの一つです。

注文住宅でご新居を考えられている方にとても難しいのがお敷地探しだと思います。
気に入った敷地にご希望に近い家が建つのか、総額の費用など、不動産屋さんとだけだと把握しにくいですね。

KAZでは、注文住宅の土地探しを専門にしている不動産屋さんと協力してお手伝いをしています。
少し気に入った土地がみつかったら、ご要望ヒアリング、プランご提案、お見積を作成させていただき本当に購入したい土地がみつかった時に、悩まずご契約に進めるよう(良い敷地は公開された途端に売れてしまうケースが多いため)ご準備のお手伝いもしております。