<お知らせ>サイトをリニューアルしました!

KAZの家 快適性について

2.快適であること。

四季があり、湿度の高い日本。快適にお住まいただくために。 外断熱二重通気工法、地熱利用、温水式床下暖房システムなど、独自のテクノロジーを開発、採用しています。

 

オリジナル外断熱二重通気工法+基礎外断熱

外断熱の家を1995年から造りつづけてきたKAZの技術の結晶です。基礎から屋根まですっぽりと家全体を包む完全な外断熱だから、高い断熱性と気密性で四季を通じて快適に過ごせます。独自の通気構造により季節による通気口の開閉が不要となり、高断熱・高気密住宅に起こりがちな熱や湿気のこもりを手間をかけずに解消できます。地熱を有効利用する仕組みのため、機械での空調を最小限に抑えられ、快適かつ省エネルギーな暮らしが実現できます。

24時間全熱交換型換気システム『マーベックス社の澄家シリーズ』

法律で義務付けられている24時間換気。快適かつ省エネルギーな暮らしを実現するためには、換気の際に捨てられるエネルギーを回収する効率の良い換気システムが必要とされています。KAZが採用している『澄家DCスーパー(澄家DC-S)』は、熱と湿度を高い効率で交換できる先進の換気システム。床下設置なので作動音が気になることもなく、メンテナンスは1か所の高性能フィルターだけで済むのでお手入れも楽々です。

オリジナル床下暖房システム

基礎コンクリートの上に設置した放熱器を温水で温める床下暖房システムです。基礎コンクリートに蓄熱しながら、床下と建物の通気層全体を温め、室内の天井、壁、床を一定の温度に保ちます。従来の床暖房では、無垢床材を利用できなかったり、故障時には床板を剥がさなければならないなどのデメリットがありましたが、床下暖房であれば通常の無垢床材をそのまま利用でき、床下設置なので点検やメンテナンスも簡単です。

高性能サッシ

高性能サッシは、窓辺の暑さ寒さ、結露、内装の色褪せなどの防止に優れた効果を発揮します。アルミ樹脂複合サッシ。ガラス面からの熱の出入りを大幅に抑えるLow-Eペアガラスを採用した高性能サッシが標準です。より性能を求められる方にはトリプル樹脂サッシなどのご提案もしております。

 KAZの家づくりへ

電話をかける