<お知らせ>サイトをリニューアルしました!

KAZの家 安全性について

 

1.安全であること。

まず、住まう方の安全が第一。耐震、結露やシロアリへの対策はもちろん、

長期優良住宅といえる数々の工法と対策をとっています。

長期優良住宅が標準

KAZの家は、標準のまま長期優良住宅の認定が取得できる資産性の高い家です。長期優良住宅は、さまざまな税制優遇を受けることができます。認定を受ける場合は、申請料・事務手数料等が別途必要です。

優れた工法

木造軸組み工法

KAZの家は、標準のまま長期優良住宅の認定が取得できる資産性の高い家です。長期優良住宅は、さまざまな税制優遇を受けることができます。認定を受ける場合は、申請料・事務手数料等が別途必要です。

耐震SE構法

木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ構法。厳密な構造計算により、在来木造では難しい大空間や大開口を実現します。3階建てや狭小住宅など、より厳しい条件のプランでも耐震等級3を実現します。

優れた工法

木造軸組み工法

KAZの家は、標準のまま長期優良住宅の認定が取得できる資産性の高い家です。長期優良住宅は、さまざまな税制優遇を受けることができます。認定を受ける場合は、申請料・事務手数料等が別途必要です。

耐震SE構法

木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ構法。厳密な構造計算により、在来木造では難しい大空間や大開口を実現します。3階建てや狭小住宅など、より厳しい条件のプランでも耐震等級3を実現します。

地震に強い家

耐震等級3が標準

KAZの家は、住宅性能表示制度の耐震等級3(最高等級)が標準だから大きな地震でも安心。常に耐震等級3の設計をしているから、KAZの設計スタッフは耐震性を高めるツボを深く理解しています。

地中梁を用いたベタ基礎

KAZの基礎は、耐震等級3に対応した地中梁(地中に埋設される鉄筋コンクリート製の梁)入りの頑丈なベタ基礎です。基礎の立ち上がりを必要最低限に抑えられるので、床下空間の通気性も抜群です。

結露・カビに強い家

1年を通して雨が多く湿度が高い日本では、家の耐久性や住まう方の健康を大きく左右するのが結露対策です。結露対策には、理詰めで対処しなければなりません。KAZの家が採用している、外断熱二重通気工法、基礎外断熱、全熱交換型第一種換気システム、高性能サッシ、無垢の構造材、自然素材の内装材などは、すべて結露対策のためと言っても過言ではありません。結露が起きなければカビの発生も抑えられ、健康で快適に暮らすことができます。

シロアリに強い家

KAZの家は、人体や環境に有害な薬剤に頼らない、安全な防蟻システムを採用しています。

TBボード

基礎外断熱材には、シロアリの食害を防ぐ断熱材「TBボード」を使用。地中から断熱材を通り抜け、土台に至るシロアリの動きを物理的にバリアします。TBボードには、10年の白蟻保証が付きます。
TBボード

銅板金

基礎と土台の間には、第2の物理的バリアとして銅板金を挟み込みます。万一、基礎断熱材をシロアリが食害したとしても、銅板金でフタがされているので土台や外壁の外断熱材に進むことができません。

土台・断熱受け材

基礎の上には、土台と外断熱材の受け材が施されています。第3の物理的バリアとして、土台には檜やヒバ、外断熱受け材にはハードサイプレスというシロアリの食害にとても強い樹種を使用しています。

家づくりへ

電話をかける