042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

【12/5(日) 日本の木の家 構造見学会】国産ブランド杉で建てる北欧スタイルの家

【12/5(日) 日本の木の家 構造見学会】国産ブランド杉で建てる北欧スタイルの家

多摩ニュータウンの閑静な住宅地に、北欧テーストのお住まいを建築中!

2021年12月5日 10時~12時 13時~15時 開催

時間入替制 同時間2組様限定で御案内いたします。

完成してしまうと見えない部分を見学できるチャンス

  • 外断熱二重通気工法とは
  • 太陽・風・地熱利用で夏を涼しく冬を暖かくする仕組
  • 基礎外断熱実績30年、進化したシロアリ対策
  • 構造材に使っている材料について
  • 構造の強度、地震の対策について

構造材には和歌山のブランド杉【山長商店】の杉を使っています。

山長商店さんは江戸時代中期に創業という歴史を持ちつつ、木材の安定した強度、美しさ、機械化、構造計算の取り組みなどを兼ね備えた、KAZが自信をもって勧めする材木屋さんです。
耐震住宅、SE構法にご興味のある方にとってもおススメの見学会です。

丁寧に育てられた山長商店の構造材は、美しく、強度が強く、無垢の構造材にはつきものの経年の狂いも最小限です。

素性の良い木の苗から育て、間伐しながら、本当に良い木だけを残して伐採、加工後にも基準にあうもののみ木材として使用されます。もちろん木材として使われない木も乾燥機の燃料として等、廃棄することなく生かされています。

KAZでは、4寸(12センチ角)の柱を採用しています。

耐力壁には構造面材(合板)はなるべく用いず、無垢の木をXに交差させる筋交を採用しています。

化学物質、接着剤の経年変化への配慮でなるべく接着剤を使用しない家づくりを目指しているため、合板の耐力壁より手間がかかりますが、KAZでは無垢の木で作る構造壁、筋交をお勧めしています。筋交金物には、一般的なものより大きめで繰返し地震にも耐えうる筋交金物を採用しています。

完成予定イメージ

家づくりを具体的に考えていらっしゃる方、何となく考え始めた方。

現場担当スタッフと、わたくし広報担当の若月が、現場をご案内いたします。疑問、質問何でもお尋ねください。
皆さまのご参加をKAZスタッフ一同心からお待ちしております。

家族構成2名 ご夫婦 
所在地東京都多摩市
竣工予定2022年2月
敷地面積211.24㎡(63.90坪)
延床面積147.81 ㎡(44,71坪)
1階79.98㎡(24.19坪)
2階68.83㎡(20.82坪)
構造/工法木造軸組/外断熱二重通気工法
その他外皮平均熱貫流率(UA値):0.50W/m²K
相当隙間面積(C値): cm2/ m2(2021年11月末ごろ測定予定)
冷房期の平均日射取得率:1.8ηAC
一次エネルギー消費量BEI 0.7

12月5日 構造見学会 ご予約はお問合せページよりお申し込みをお願いします。

現地へは直接おいでください。
ご予約を頂きましてから当日の詳細をメールにて折り返しご連絡いたします。

皆さまのご参加を心からお待ちしております。