緊急開催!【2月5日 構造見学会】紀州材で建てるシンプルで高性能な家

2022年12月~2023年10月お引渡分 補助金受給状況ご報告

ウッドショックや資材の値上げにより、ご新居の計画を検討中の方にはご負担をお掛けしております。
KAZでは積極的な補助金活用や仕入れ先の検討などの努力により、できる限り皆様にメリットがありますよう、努力しております。

2022年度から、高断熱・省エネの住宅に対して多くの補助金がでております。


30年前から高気密高断熱のすみごこちの良い家づくりに取り組んできたKAZ。ご新築ご計画中のすべてのお施主様が補助金を取得できるよう取り組んでおります。

注文新築住宅 2022年12月~2023年10月お引き渡しの方の受給予定をまとめてみました。
全12棟のお引渡のお住まいのうち、すべての方が受給予定です。

東京ゼロエミ住宅補助金は全棟『水準3』の補助金を取得予定です。


東京都でのご計画が7棟。すべてのお住まいで、『水準3』の210万円、(2世帯住宅の方は340万円(170万円(一戸)))の他、太陽光パネル・蓄電池の費用追加を取得予定の方もいらっしゃいます。


東京ゼロエミ住宅は併用できる補助金も多い・・・・

東京ゼロエミ住宅は『こどもエコすまい』他、その他併用できる補助金も多く、東京都での建築を予定されていらっしゃる皆様には取得をお勧めしております。KAZのお施主様の最高受給額はなんと495万円です。

こどもエコすまい(こどもみらい)支援事業ではZEH値レベルの補助金を取得予定です。

KAZの標準仕様でZEH値レベルの補助金を取得可能です。

リフォームご計画の方も『こどもみらい』補助金を取得しました。

2022年5月にお引渡の『K様』も『こどもみらい補助金』を取得なさいました。
2023年度はの高性能の窓への変更を対象とした補助金など、リフォーム工事にも多くの方がご採用できる補助金の予定もありますね。タイミング利用して、

下記に受給予定を表にてまとめてみました。

受給の為の申請や設備仕様UPなどの費用が別途掛かりますが、受給額から追加費用を差し引いても、メリットが沢山。かしこく利用してよりよいご新居を手に入れられるようお手伝いいたします!家づくりをご契約中の方はご検討くださいませ。