<お知らせ>サイトをリニューアルしました!

木造軸組みの家づくり

KAZでつくる木造軸組みの家

KAZの木造軸組みは、すべて和歌山県産の紀州材『山長商店』の木材を構造材に使用しております。

構造材は見えなくなってしまいますが、だからこそ、ちゃんとしたものを使用したい。

いい家づくりは、素材にもこだわることが大切です。

  

なぜ、紀州材なのか。

和歌山県で生産された「紀州材」の品質は、次のような特性を有しているとされています。

よじれのない、素直で、目が詰まっていて、強度があることで知られています。つまり、柱や梁などの「構造材」として最適です。 これは気候風土が適しているだけでなく、植林や育林の長年の経験、伝統の技術を生かしていることもあげらます。 記録によると江戸屋敷の構造材は「紀州材」が使われていたそうです。

山長商店の紀州桧・紀州杉

県全土の80%が森林を占める「木の国」の和歌山県。そのうち約25km四方が山長商店の所有林。この広さは日本有数の規模を誇ります。江戸時代から続く紀州和歌山の山長商店は、今では貴重な林業から製材業まで一貫して行う会社です。ワンストップだからこそ良質な芯持ち材を常に供給することが可能となり、1本1本強度、含水率を測り、JAS認定を受けた国内屈指の耐久性を持つ無垢構造材を生産することが出来ます。

  

職人の声

KAZの家づくりをしていただく職人の新國さんに、山長商店の木材の良さを伺いました。

山長さんの木材は、人で例えるなら「人柄の良い超絶美人さん」

惚れ惚れしちゃうよね。

割れも来ないし、くるいもこない。

とにかく並んだ時がキレイ。素材の良さは、誰が見てもわかる。1度構造見学の際に見てもらいたい。知ってもらえたらいいと思います。

少しでもご興味を持っていただけましたらご連絡ください!

☎042-729-2182

電話をかける