042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

15年目のリフォーム <色の工事>

S__3579908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の「15年目のリフォーム」、目的の一つに大開口サッシを付けるというものがあります。

サッシ周辺の壁を壊すため最低限その面だけでも壁の仕上げはやり直さないとなりません。

このS様邸の壁はもともと白ペンキでしたが、白と言っても15年経つと違う白になっているものです。

当時の色を塗っても残った部分が汚れて見えて、じゃあここもここも、あとついでにここも。

どんどん工事が広がっていって、どこで止めたら良いかわからなくなるのが「リフォームあるある」。

 

そこでこの面、アクセントとしてある程度違う色にした方が良いというお話になり、そうなるとおしゃれ番長S様の個性が発揮されます。

S__3579906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S様よりイメージの写真を頂き、再現すべく塗装が始まります。

色を無理やり言葉で表しますと、「ぼわーっとした濃紺」。

どうする?塗装屋と相談。

グレーで下地を一旦塗ってから青を塗ってスポンジで叩く?

いや、ビニールでガシャガシャかな。

などなど。

S__3579909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと明るい?もう少し暗く?

荒らしてみるとこのように。

S__3579907

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この壁がどのように効いてくるのか、今度引いた絵でお知らせします。

もう春になってしまいましたが、この青い壁を背に設置したペレットストーブも今回の目玉です。

こちらも追って。

 

 

香川