042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

高気密『適』断熱という考え方

高気密高断熱の経験からお勧めの性能をご提案

KAZは、外断熱での高気密高断熱を設計施工の経験30年。
当初はオーバースペックでは?とも言われてきましたが、最近では高断熱が一般的になり多くの施主様がご自身の理想の断熱性能を希望されるようになって来ました。
KAZは経験の中から、イニシャルコスト、ランニングコストのバランスからまずはオススメの断熱性能での家づくりをご提案しています。

KAZが断熱性能を上げることで「失われないように」大事にしていること

① 気密性能(高気密)を実現できること

断熱性能を上げても隙間風が入ると逆効果。結露のリスクも出てきます。
外断熱は構造の外側から家を板状の断熱材ですっぽり包むため、気密をとりやすい特徴があります。

全棟、気密測定を行っています

② 構造体が呼吸できること

構造体は常に室内の空気に触れるように施工。万が一の結露も乾燥できる状態をつくることを大事にしています。

板状の外断熱材と通気胴縁

③ 木(構造体他)の吸湿性能を住み心地に生かすこと

空気の数倍と言われる木材の水分保持能力。KAZでは外断熱を採用して、室内に触れる構造体の表面積を増やし、木材の力を借りて、住み心地をよくすることを大切にしています。

④ 冬は良くても「夏暑い家」にしないこと

冬暖かい家は断熱材を詰め込むことで実現しやすいのですが、夏は暑い家になりがちなので注意!KAZでは、家の方位、窓の設計、庇で夏の日射を遮るように設計する他、室内外の排熱・四季を通して安定した地熱を利用をすることで、最小限の冷房で【夏涼しい家づくり】を目指しています。

「でも、もっと・・・は可能?」外断熱をベースに、内断熱を付加してご希望の断熱性能の実現へ

標準仕様の外断熱をベースに付加断熱でご希望のUA値の実現することも可能です。適断熱の考え方を失わず、さらに外断熱の住み心地を生かしたご希望の断熱性能が実現できます。
お気軽にご相談くださいませ。

ご参考
★KAZの標準仕様断熱材でのUA値平均 0.55W/㎡K
(2020年11月~2021年4月竣工分 7棟平均値)
★KAZのC値平均値 0.4c㎡/㎡
(2019年竣工 12棟平均値)