042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

≪ 完成見学会 16日 報告 ≫

室内温度28℃(1階居室)・外気温度32℃(2階ベランダ日陰)・床下温度23℃

完成見学会最終日、この日も猛暑の中、大勢のお客様がお越しくださいました。

この猛暑日にサッシを締め切ってエアコンを点けず(まだエアコンは設置されていません)

室内がどのような状況になるかを体感していただきました。

上記の写真のように外気温度が日陰で32℃でも、床下の温度は23℃。

その床下の冷気を躯体内の通気層に通して室内空気を循環させることにより

エアコン無しで外気より4℃も低くなるという事実をしっかり体感していただけました。

28℃というとやはり暑いのですが、しのげないほどではなく、

外気がもっと暑い日には、ほんの少しだけエアコンを点けて快適に過ごせるのは、

外断熱二重通気工法ならでは。

上手に計画すれば、一番高い位置にエアコンを1台設置するだけで良く、

電気代はかなり節約できます。

尚、ご自宅を見学会にご提供くださいましたお施主様、お越しくださいました大勢のお客様方、

ご協力くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

また、多数のご参加を頂きましたので、残念ながらご参加いただけませんでしたお客様には

深くお詫びを申し上げます。

次の機会に是非お申込みいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。