042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

町田市成瀬で進行中の現場へ、基礎配筋検査の立ち会いに行ってきました。

 今月7日に地鎮祭を執り行った町田市成瀬の現場で、本日基礎配筋検査を行う

ということで、見学を兼ねて立ち会いに行ってきました。

 

 

まずは、検査員の方が図面とメジャーを手に、丁寧に組み上げられた鉄筋の様子

を念入りにチェックします。鉄筋の間隔は適切か、立ち上がり部分の底盤からの

高さは適切か、コンクリートのかぶり厚は適切に確保されているかなど、

手慣れた手つきで次々と確認をしてきます。

 

 一通りチェックが終了した後には、和工務店の設計リーダーに検査員さんから

いくつかご質問。

設計リーダーはとても落ち着いた対応で、見ている私も安心感を感じました。

もちろん、検査は無事完了です!

 

 

検査が終了し、検査員の方が引き揚げた後、現場では設計リーダーと基礎屋さん

が今後のスケジュールの打合せ。

いくつもの現場が同時進行する中、こうしたスケジュール確認はとても重要です。

 

 

和工務店は、安心で安全な木の家で暮らしていただくため、耐震等級3が標準です。

基礎も、構造の強さに合わせて地中梁入りの強固なべた基礎にしています。

住まいを永きにわたり支え続ける基礎だから、和工務店はしっかりと丁寧につくっています。

 

8月のお盆明けには、この基礎の上に外断熱二重通気工法のKAZの家が上棟となります。

厳しい暑さが続いていますが、現場は一歩一歩確実に、順調に進んでいます。

この現場の進捗は、また別の機会にご紹介できればと思います。お楽しみに!!