042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

小机の家の配筋検査を受けました

家を建てる方からすると、馴染みがうすくて、どちらかというと注目度

の低い配筋検査。実際は、住まいを長きにわたり支え続ける基礎の品質

や強度を語る上ではとても大切な検査なのです。

 

検査員の方が、鉄筋が決められた基準に則り正しく施工されているか、

コンクリートを打った時に十分なかぶり厚が確保できるかなど、入念

チェックしていきます。

 

 

KAZのスタッフと基礎屋さんも立会い、検査員さんからの確認事項に

答えたり、指摘事項を聞いたりしています。

 

 

和工務店の基礎は、地中梁※が縦横に入ったとても頑丈なべた基礎に

なっています。その基礎は、基礎屋さん、KAZのスタッフ、検査機関

さんの入念なチェックと丁寧な施工により成り立っています。

※写真上で、溝のように見える部分が地中梁。文字通り、地面を掘り

下げて鉄筋を組んで作る、基礎を強めるための梁です。

 

 

見えないところをしっかりと!!何ごとにおいても大切な心がけですね。。。