042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

完成見学会【大屋根とシーサーが温かく迎えてくれる家】開催しました

1月18日(土)、神奈川県相模原市中央区淵野辺にて完成見学会が行われました。
Tさまご夫妻の素敵な感性が生かされた、温かい雰囲気のお住まいでの見学会となりました。

田中邸完成見学会01

太陽の光をふんだんに取り込むためにリビングを真南に向け、敷地に対して斜めになった大胆な配置が住み心地の良さのポイントとなっています。大胆な配置により、駐車スペースも2台分確保することができました!
田中邸外観

軒裏にレッドシダーを採用した大きな玄関屋根も、温かい雰囲気を演出しています。
玄関の床には耐久性・耐水性に優れたクマルを使用しています。玄関の床に木を使用するのも温かみが出て素敵ですね。
Tさまが楽しみになさっていた、ほら穴風の入口が可愛らしい雰囲気を演出しています。
田中邸玄関田中邸玄関02

白地にブラックチェリーをベースに、モザイクタイルをアクセントにした、広々と可愛らしいキッチン。
子供たちや家族みんなの手洗い用に、家具に備え付けられた手洗いコーナーも使い勝手がとっても良さそうです。
キッチンのそばにはパントリーへの入口があります。「ほら穴風」の上部が丸みを帯びたデザインです。
建具の上部を丸くデザインするだけで、お部屋がこんなに温もりのある雰囲気になるのだなぁと感じました。

3カラムフォーマット

ミーレの食洗機もブラックチェリーの面材を貼り統一感を出しました。ブラックチェリー

こちらのドアは、なんと本棚になっています!一見ドアだとは分からないデザインです。
建具02建具01

2階は明るく広々としたファミリールーム。将来子供部屋を間仕切りする場合のために、間仕切り用の軸が入れてあります。
お子さんが成長されたとき、または巣立ってまたご夫婦ふたりになったとき、ご両親と同居になったとき等々・・
人生の様々なステージに合わせてフレキシブルに対応可能なような設計をしています。
二階

見学会に来てくださるお客さまより、外断熱の家の性能や耐震、使用している素材、土地の購入について等々、様々な質問を頂きました。
過去の施工事例や資料をお見せしてひとつひとつご説明させていただきました。
説明

その中で、「見えるところは自分たちでも出来る。見えないところをしっかりしてくれるところ(会社)がいい」
とお客さまがおっしゃっていたのがとても印象に残りました。
KAZでは空気の健康な流れやすさなども意識して、のびのびと広い間取りをご提案することが多いのですが、耐震を考えると広い間取りはマイナスです。だからこそ、KAZ標準の耐震等級3をクリアするために、基本設計から構造を意識した設計を行っています。まさに「見えないところの積み重ね」が大切なのです。効率化も大切ですが、「手間をかけることで、家の住み心地をワンランクあげていく」姿勢はKAZが大切にしていることのひとつです。このお住まいを新築されたTさまも、「性能が良いこと。デザインにもこだわっていること。自分たちがやりたいことをやれること。」をかなえられる会社を探して、何件もまわられたとおっしゃっていました。その中でKAZを選んでいただいたことに心から感謝するとともに、改めてスタッフ全員で気をひきしめていかなければとも思います。

(KAZで新築されたお客さまの家づくりのアルバムです。お住まいづくりの参考にご紹介しています)アルバム

土地探しなどについてもご質問があったので、土地の条件によってとても差が出るのはロフトの大きさであることや、不動産業者に相談すると不動産業者のスケジュールで進められることが多いので、不動産業者と銀行の間に住宅のプロが入ることのメリットなど、購入前にどこか住宅会社に土地をみてもらい相談すると良いことなどをお伝えしました。

最後に、見学会にご協力頂きましたお施主様と、見学にお越しくださいました沢山の皆さまに厚く御礼申し上げます。今後の見学会など、イベントの情報は和工務店ホームページにてお知らせいたしますので、どうぞお楽しみになさっていて下さいね。