042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

ブラックチェリーの造作材 加工中

村さん登場

KAZの刻み小屋では、社員大工の村さんがブラックチェリーの厚板を加工中です。
ブラックチェリーは、造作カウンターや玄関框、窓や建具の枠材など、KAZにはなくてはならない存在。
だから、常にブラックチェリーの厚板を在庫しているのです。

テッポウムシ

おっと、せっかくの高級材に虫食いのあとが・・・
村さんいわく、テッポウムシなどの虫食いがあるのは、木が元気で良質な証拠だとか。
逆に、木に元気がなくなると、キノコが生えたりツタ類が絡まったりするそうです。

寸法整え

機械を使ってどんどん手際よくブラックチェリー材の寸法を整えていきます。
この時に出る木くずは、乗馬クラブの敷きワラの代わりになり、最後には堆肥になります。

整った造作材

使い場所を間違えないように木口にしっかりと印をつけて、ハイおしまい!
後は現場に運ばれて、KAZの家に彩りをそえる素敵な造作材となるのでした。