042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

国立市に敷地調査に行ってきました

国立測量

今日は、お客様の敷地を測量調査するために、国立市へ行ってきました。
別のところにお住まいのお客様も、ご家族おそろいでお越しくださいました。

土に埋もれていた5カ所の境界標を見つけるのに1時間余りかかりましたが、
測量そのものは順調に進めることができました。

KAZでは、測量会社さんに外注せずに自社で測量調査を行っています。
これから住まいをプランする敷地を、自分たちの目でしっかりと見極めて、
敷地の形状や高低差、隣地との関係などを把握します。
敷地に触れる時間が長ければ長いほど、そこで得られる情報量が豊富に
なります。それは、必ずプランに生きてきます。

国立畑

駅のすぐ近くなので、暮らすにはこの上なく便利な住宅街でした。
隣には、駅近の住宅街にはめずらしい畑が広がっています。
南西道路の角地であることもあり、陽当りや風とおしは申し分ありません。

社長テイルトゥーノーズ

帰り道、ふと気づくと私たちより遅れて現地を出発した代表の佐俣が自転車で追走中。
佐俣は、雨でない限り現地調査はいつも自転車で。根っからの自転車愛好家です。
そんなこともあり、KAZの施工可能エリアには、「成瀬のKAZから自転車で片道1時間
以内」という裏ルールがあったりして。。。
今日の佐俣は、新調したばかりのジャージまで着て完全武装。カッコイイ!

下り坂ダッシュ

われわれの車を抜き去り、下り坂を疾走していく佐俣。
渋滞と無縁の自転車は、私たちより先に成瀬に到着していました。自転車恐るべし。。。

最高の天気で、楽しい測量調査でしたー。