042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

青葉区の現場にて気密測定が行われていました

完成真近の青葉区のM様邸で気密測定をやっていました。
その結果・・・数値は0.4!!
(下左の写真はお仕事中の測定会社のお兄さん。下右はウッドデッキ制作中の新國大工さん)
気密測定ウッドデッキ制作中

この0.4という数字・・・実はけっこうすごいんです!(自社自慢です、ハイ。)

家の条件も様々なので一概には言えませんが、
気密測定値は一般的には2.0以下という数値が目安となります。
今回お願いした調査会社さんは関東圏では月に5,6件調査するそうですが、
全体の平均値は約1.5。なので測定結果が1.5以下であればまずまずかなというライン。
全体の内0.4~0.5などの数値を出している会社は15%ぐらいだそうです。

これは先日気密測定会社の方にお聞きした話。
なので和工務店に測定に来てくださる方は大抵「かなり良いですね~」とほめて下さいます^^

M様邸は窓も多く、1~3階まで吹き抜けているという気密測定をするには少し不利な条件・・。
(当然窓が少なく、壁も多い家の方が数値的には有利なのです)
それで0.4という数値出る。それは大工さんをはじめとする職人さんの技術力の賜物なのです。
本当に大工さん、職人さんってすごいなぁ・・と改めて感じた現場でした。