042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

温湿度測定

2月~3月はじめの寒い時期に

お引渡し前の施主様宅にて、室内の温湿度の測定をさせていただきました。

測定箇所は床下2か所、室内3カ所、軒裏1カ所、外部1カ所の計7か所。

測定に際して、温湿度計を探すところから始めました。

 

インターネットで検索しているうちにとても便利なものを見つけました。

 

ボタン電池ほどの大きさ、PCのUSBに接続して測定開始時間と記録する条件を設定できる便利なシロモノ。

計測後PCに接続し、データを回収すると自動的にグラフが作成される。

 

測定させていただいたのは2階建、1階:20坪強、2階:10坪弱の大きな吹抜を持つお住まい。

弊社標準仕様:外断熱2重通気工法
床下温水暖房(中で運転)
熱交換型の24時間換気

 

1階、2階の温度差が最も大きいところでも1.5℃、

2階温度より1階の温度の平均温度が高い

室内の湿度は40~50%の間に保たれている など

想定内外の興味深い結果が得られました。


これからもより良い性能のお住まいをご提供していくために

常に努力をし続けたいと思っております。

ご協力いただきましたC様、どうもありがとうございました