042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

自転車と共にある暮らし

最近は健康やエコの観点からか、ファッションの一部としてか、自転車に乗る人が増えたように感じます。レースや大会を目指して本格的にやる、通学通勤に使うなど目的は様々だと思いますが、共通して言えるのはみなさん何だかとっても楽しそう・・だということです。和工務店のお客様にも自転車を楽しむ方が実に沢山いらっしゃいます。社長の佐俣も自転車が大好きなので、自転車を愛する気持ちがどこかで不思議なご縁となって呼び合うのでしょうか。一体何がそんなに楽しいのか?自転車乗りさん達にお聞きするとよく頂くコメントを挙げてみました。

「走れる距離がどんどん伸びていくのが楽しい!」「出不精がなくなり出かけることが増えた」

「どこへでも自分の力で行けるという感覚がたまらない」「移動しているだけなのに体が鍛えられる」

「自然や季節感をより感じられるようになりました」「自転車を通じて色々な交流が広がった」

「知らないお店やスポットを偶然見つけると嬉しい」

などなど、やっぱり明るく楽しそうな表情で熱く語る方が多いです。

初期投資はちょっとかかるようですが、車の購入費や維持費を考えたら格段に安いのかもしれません。何より楽しそうなのが気になります。しかも健康がオマケについてくる。これは始めてみないと分からないかも!?ですね。そんな気になる自転車との暮らし。今回はお客様の「自転車のあるお住まい風景」をいくつかご紹介します。

壁面を利用しての自転車収納。出し入れし易い玄関に自転車コーナーを。

限られた面積の中でも工夫して自転車用スペースを確保。室内だと普段のメンテナンスも楽々。

インナーガレージにバイクと共に。玄関ポーチの下に置かれていても絵になります。

自転車のお手入れスペース。メンテナンスにもそれぞれのこだわりがあるようです。

最近自転車デビューしたKAZスタッフも。自転車デーを決めてまずは少しずつ楽しんでいます。

不思議と絵になる、見るとそれぞれの人柄が浮かんでくる・・そんな素敵な事例が多い気がします。自転車が共にある暮らし方、皆さまもいかがでしょうか^^