12/8開催 完成宅見学会の受付開始

改正建築基準法が2019年6月25日から施行されます

改正建築基準法が6月25日から施行されます。
いままで大きな災害の後等に建築基準法が見直され、災害・事件・事故に対応するために強化が主でしたが、今回の改正は少子高齢化を背景とした既存建築ストックの活用のために緩和が主となり、家づくりをご計画中の方にはご新居の可能性が広がる良いニュースです。

主な内容は⑴建築物・市街地の安全性の確保、⑵既存建築ストックの活用、⑶木造建築を巡る多様なニーズへの対応の3つです。耐火等の厳しい規制を受ける、一号建築物の面積が100㎡から200㎡に引き上げられたり、防火地域・準防火地域の延焼の恐れのある部分の考え方が、境界線と建物の角度により、緩和できるようになりました。バリエーションの少ない防火サッシからサッシを選んでいた方、見直しにより、開口部の可能性が変わるかも?設計士が検討すべきところが複雑になりますが、より現実に見合う法律に改正されていくことに、これからの建物への考え方に希望が湧いてきます。詳しい内容は国交省のサイトをご参照ください。