042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

10年目のOB宅見学会ご報告

2019年12月8日、当日はお天気にも恵まれて、年末のお忙しい時期にもかかわらず、3組様がご参加してくださいました。
お住まいには素敵なクリスマスツリーが飾られてより素敵になっていました。

U様はせっかくのご自宅お建て替えに後悔したくないので、住宅展示場や近くの工務店等はほぼ見て回られ、当時外断熱二重通気工法の先駆けとなっていた「ソーラーサーキット」にご興味を持たれたとか。弊社に決められるまでの経緯、打ち合わせ、施工の様子等を丁寧にお話しくださいました。

小さなお子様もご一緒にご来場。U様奥様と愛ネコちゃんがお子様たちと遊んでくださいました。


猫のいちごちゃん。とても人懐っこく可愛い猫ちゃんでした。遊んでくれて ありがとう

久しぶりにU様とお会いして日頃なかなか伺えないお話しをお伺いしました。

換気システムを全熱交換型に交換した結果・・・

数年前からKAZで提案している、全熱交換型の24時間換気システム。より快適なお住まいを求めて、一昨年、リフォームで換気扇を取替えさせていただきました。
この時期の湿度は加湿器を利用して湿度40%だったそうですが、リフォーム後は、湿度60%をキープし、住み心地がアップしているとの感想をいただきました。
全熱交換型の24時間換気システムのメリットとして熱の欠損が減り冷暖房の効率が上がることは一般的ですが、自然素材の調湿効果も手伝って快適な環境になっていることをこのリフォームを通して確認ができました。

ご参加者様の中には、「寒い日にKAZの家の性能を確認したかった」というお声も。極寒の時期に見学会開催を検討いたしますのでまたイベントスケジュールを見に来てくださいませ。

ご参加くださいました皆様、
大事なお住まいを見学させてくださいましたU様のご厚意に感謝しております。
心より御礼いたします。

事例紹介はこちらをご覧ください

人が集い、趣味をゆったりと楽しめる家