<お知らせ>リフォームの施工実例が追加しました!

緑と光、家族の笑顔の溢れる家

C 様邸

家族構成夫婦+こども3人
所在地東京都調布市
竣  工2018年8月
敷地面積110㎡(33.27坪)
延床面積84.87㎡(25.67坪)
1階43.51㎡(13.16坪)
2階41.36㎡(12.51坪)
構造/工法木造軸組/外断熱二重通気工法

空間を包み込む、優しさを感じられるお住まい

自然に面していて四季を感じられる家をイメージしていらしたC様。
こだわり抜いて選んだその敷地は、都心でありながら、豊かな緑を楽しめる、公園に面したお敷地でした。

玄関周りは外も中も魅力がたくさん

道路からのアプローチ。
玄関の向こうに公園の豊かな緑をのぞめます。
3人のお子様のいらっしゃるC様。
可愛いモザイクタイルをあしらったエントランス。
帰宅してホッとする瞬間ですね。
玄関照明と扉との相性も◎

ゆったりとした玄関土間には特注の下駄箱の他、
シューズインクロークも設けられ、大好きなアウトドア収納もしっかり収納できます。

1階は充実した収納と趣味スペース

子育てとお仕事でご多忙なご家族のために
1階の寝室前のゆったりとした廊下に面して
ご家族全員のクロゼットが設けられました。
洗濯ものの整理も朝の身支度も効率的に進められそうです。

ここは趣味スペース
楽器や楽譜、本もたくさん揃っています。

階段は立ち止まりたくなる場所

階段は光が差し込む明るい場所。階段の途中に設けられたピクチャーウィンドウからの景観も緑が豊富で絵になります。

そして2階に上がると光あふれる明るいリビングが目に飛び込んできます。

ダイナミックな天井の構造材をアラワシにできるのも外断熱の家ならでは!
リビングに面してご家族みんなで使えるスタディーコーナーを設置。
BOXで資料を整理して使いやすくアレンジしてくださっています。

洗面室はゆったりと使いやすく。
タオルや下着の収納たっぷりで整理整頓はもちろんのこと、
壁にはタオルウォーマーも設置。
機能と心地よさとおしゃれ感を演出。

何かと便利なロフトスペース。
収納、子供の遊び場、ゲストルルーム等、
多目的に利用できます。

家づくりを始めるきっかけ~完成した時のご感想などC様にお伺いしました。

Q. 家づくりを始めたきっかけはなんですか。

A. 以前より「いつかは自分の家を建てたい」という気持ちを持っていました。
家づくりを始める前から、夫婦で家のことについて良く話をしていた気がします。
子どもが生まれたタイミングで土地探しと工務店探しを始めました。
子供が転校をしなくても良い様に上の子が小学校に入るまでには建てたいと考えていました。


Q. どんな家にしたいと思っていましたか?

A. 緑に面していて四季を感じられる家をイメージして土地を探しました。
温暖差が少なく、外と中が繋がっている様な建物にしたいと考えていました。
自分達の好きなものが色々と詰め込まれた家にしたいと考えていました。


Q. 和工務店に家づくりを頼まれた決め手は何ですか?

A. 外断熱の家を建てている工務店を探していく中で和工務店を知りました。
技術があり、しっかりと話を聞いて頂ける工務店と感じたことが一番の決め手です。
自分達の素人考えの質問や希望にも真剣にわかり易く答えて頂けたので安心して相談できました。


Q. 完成した時の感想をお聞かせください。

A. 細かい変更の度にパース図で確認させて頂けたのでほぼイメージ通りの家が建ちました。
メジャーを片手に色々と自分達なりに測ったりはしていたのですが、思っていたよりも狭かったのがイメージと違った点です。


Q. 家づくりで感動されたこと、苦労されたことなどのエピソードを教えてください。

A. 「初めての図面ができた時」、「棟上げの時」、「2階への階段が完成した時」は感動しました。
決めなくてはいけないこと多く、大変でしたが、毎回、楽しく打ち合わせに伺ったことが思い出されます。
なんでも夫婦二人で相談して決めたので時間がかかり、御迷惑もおかけしました。
今、考えると、「なんでここにこんなに拘ったんだろうか・・・」、「ここはもう少し考えれば良かったな・・・」等と色々と反省はありますが、
それも含め、「自分達らしい家が建てられた」と非常に満足しています。


お打合せを始めさせていただいた時は、末っ子さんはまだお腹の中。
お小さいお2人のお子さんを連れてご来社くださっていたのを思い出します。
お忙しい中、上棟の時はご家族の真心いっぱいのお土産をご用意くださったり
私達もご一緒に笑ったり感動したり、
ご新居づくりを楽しませていただきました。
取材、撮影、また、嬉しい貴重なコメントを沢山、いただき、心より感謝しております。
今後とも末永くKAZをお願いいたします。


撮影:写真家 砺波周平氏

電話をかける