042-729-2182
1/26 ゼロエネルギー完成宅見学会

ペットとコンサバトリーでつながる家

H 様邸

家族構成夫婦+猫
所在地神奈川県横浜市港南区
竣  工2018年2月
敷地面積178.07㎡(53.86坪)
延床面積104.95㎡(31.74坪)
1階68.93㎡(20.85坪)
2階36.02㎡(10.89坪)
構造/工法木造軸組/外断熱二重通気工法
雑誌掲載リクルート「神奈川で建てる」2019年秋冬号

いつかは、猫ちゃんを飼える戸建てに住みたい。

ご夫妻と猫ちゃんのご新居づくりを検討し始め、希望の土地建物が想像以上に高価だと気付かれたH様。奥様ご実家のお敷地に家を建てては?とご家族からの提案。敷地には傾斜があり、家を建てるためには擁壁工事などが必要では・・・

H様の家づくりは、土地の問題を解決してくれるパートナー探しから始まりました。

H様宅のファサード。
2階建のお住まいですが、道路からは平家に見える。可愛い山小屋のような印象。
玄関の向こうに公園の豊かな緑をのぞめます。

2階はコスト調整の為、屋根の三角空間を生かしたロフトの構成。屋根も外断熱で熱気が外に出る空気層がある構成の為、酷暑の時期でも快適♬

1階の玄関ホールに面した洗面室。帰宅後に使いやすくて便利

お気に入りのタイルを選択。汚れ対策とインテリアのポイントに

1階ダイニングキッチンから半階下に深基礎部のリビングがあります。
1つの空間にありながら段差で緩やかに空間を仕切られたリビングは落ち着いて読書等を楽しむのに最適です。

床はKAZで一番にお勧めしているミャンマーチーク。お手入れが楽で経年変化が美しいのが特徴です。造作家具のブラックチェリーとの相性もばっちり

外から(スキップフロア)

傾斜地の建設にあたり、あえて擁壁を作らず、建物を深基礎に。広がりのある空間が出来る上に擁壁よりコストを抑えられるメリットが。

中から(スキップフロア)

リビング横に2階ダイニングに上がる階段があります。
鉄骨手摺で軽やかなオープン階段が部屋のアクセントにもなっています。

日当たり抜群!ワタシの特等席♪

リビング横に2階に上がる階段があります。
鉄骨手摺で軽やかなオープン階段が部屋のアクセントにもなっています。

リビング横のコンサバトリー。内外の中間的な空間として、寒い時期に庭の植物を避難させたり、新入りの猫ちゃんが慣れるまでの逃げ場として活躍しているとか。

コンサバトリーから猫ちゃん視点の眺め

家づくりを始めるきっかけ~完成した時のご感想などH様にお伺いしました。

Q. 家づくりを始めたきっかけはなんですか。

A. 以前住んでいたマンションはペットを飼うことができず、大好きな猫との暮らしができませんでした。いずれは一軒家でペットとの暮らし、ガーデニングをしたいと思っていました。


Q. どんな家にしたいと思っていましたか?

A. 木造で自然素材の家。大好きな動物や植物に囲まれて、ゆったりと読書を楽しめる家。海外を旅行したときに訪ねたような洋風の山小屋のような雰囲気が希望でした。


Q. 和工務店に家づくりを頼まれた決め手は何ですか?

A. suumoの掲載を拝見して、木を使った内装の雰囲気がとても素敵だと思い、お話を聞きに行きました。私たちがどういう暮らしをしたいのか、丁寧にヒアリングをしてくださり、相談しやすかったです。他社も検討しましたが傾斜地を活かしたプランではなかったこと、「どういう部屋が何部屋欲しいか?(写真を見ながら)」「この中で好みのデザインはどれか?」「珪藻土で壁を作ればペットがストレスを感じず粗相をしなくなる」と言われたのですが、納得度が上がりませんでした。

お話を進めていくうちに私たち自身も細かくイメージを作ることができたこと、使っている木材や内装の雰囲気が気に入ったこと、傾斜地を効率良く利用した間取りを提案してくださったこと、家具を大工さんが間取りに合わせて希望通りに作ってくださるというところが決め手になりました。


Q. 完成した時の感想をお聞かせください。

A. すべてイメージ以上で、感激しました。選んだタイルのデザインが馴染むか少し心配していましたが、合ってよかったです。
1年住んだ今も木の香りがして、チークやブラックチェリーなど選んだ木材もとても愛おしくて目に入るたびに幸せな気持ちになります。

計画していたころは、階段にはそんなに強いこだわりはなかったのですが、今思うととてもよくできていて、私たちもそうですが特に猫たちが気に入っていて、階段で寝たり、階段の上から1階を見下ろして楽しんでいるようです。
猫に合わせた設計はほとんどお願いしなかったのですが、階段も窓も猫の使いやすい仕様に結果的になっていて彼らはとても住みやすそうに見えます。作り付けの家具もとても使いやすいです。


Q. 家づくりで感動されたこと、苦労されたことなどのエピソードを教えてください。

A. 現場にも何度も行ってみましたが、ほとんど大工さんがお一人で作られていて、とても驚き感激しました。

土地が傾斜地だったため、どうプランするのか、金額的なことも含め、悩ましかったです。しかし、段差を作り擁壁を作るのではなく、建物を深基礎にすることで、土地を活かし広く使える間取り、コストの削減、安全面においても納得のできるプランを考えてくださり、本当に良かったです。
作り付けの家具をお願いしたので、スペースに無駄もできず、素材も良いもので統一でき、良かったです。
家を建てたいと考えてから実際にお願いするまで、時間はあったので、自分たちがどういうものが好きでどういう暮らしをしたいか、十分にイメージでき、ここはこだわりたいが、ここにはこだわらない、という点が明確だったので、自分たちにとって良いタイミングで建てられたのかなと思います。
好きなものを詰め込んだ上、長期優良住宅で耐震構造もしっかりした家を建てられたので、とても満足しています。