042-729-2182
【コラム】高断熱の家こそ、高気密が大切

カリフォルニアスタイルの住まい

H 様邸

家族構成夫婦+子供2人
所在地神奈川県横浜市青葉区
竣  工2018年2月
敷地面積164㎡(49.61坪)
延床面積102.27㎡(30.93坪)
1階52.17㎡(15.78坪)
2階50.1㎡(15.15坪)
構造/工法木造軸組/外断熱二重通気工法
雑誌掲載湘南スタイル(第80号)


アウトドアの大好きなお洒落なご夫妻とサッカーに夢中なご兄弟の4人家族のお住まい。
西海岸の雰囲気にまとめたいとお持ちくださったイメージ写真を元に全体をまとめて行きました。
玄関を入ると広い土間と正面には下駄箱、ルーバーの折れ戸の奥はアウトドア用品をたっぷりしまえるウォークインシューズクロークにはご主人様のゴルフバックも収納。LDKが広がっています。

玄関とLDKは扉等で隔てることなく、ワンルームに。(写真下、ダイニングより玄関側を撮影)
廊下をなくして部屋を広くみせるKAZのお勧めの手法です。
室内の温度を一定に保ちやすい高気密高断熱だからこぞ実現できるプランです。

そしてこんなにもオープンなキッチンをいつも素敵に保てるのは、バック側のゆったりとした収納があるからこそ。
対面キッチンの真後ろはシステムキッチンの家電など用の収納、右側はオーダーで作った食品庫です。

収納するものを細かくお伺いして可動棚やバスケットパーツ(引出式)も採用。
ちなみにドアは引戸でパインの面材に白く自然塗料を塗ったものです。

ダイニングの夜の風景

こども室は勾配天井で天井の高いところにはロフト空間もあり、基地のようで楽しい。

2階の洗面は理科実験用のシンクでゆったり使える。壁面収納をたっぷり作って、オープンで使いやすくコーディネート。

南側のウッドデッキは軒が深く、夏の日差しを遮る効果がある上、取材日のような雨の日でもハンモック等を楽しめる。

家づくりを始めるきっかけ~完成した時のご感想などH様にお伺いしました。

Q. 家づくりを始めたきっかけはなんですか。

A. 住んでいた家の老朽化や子供の成長をきっかけに考えはじめた。


Q. どんな家にしたいと思っていましたか?

A. 陽が差し込むあたたかい家。
家族がどこにいても顔を合わすことのできる、仕切りのない家。


Q. 和工務店に家づくりを頼まれた決め手は何ですか?

A. 両親が家づくりを和工務店にお願いしたこともあり、イメージにも合っていたので安心感があった。


Q. 完成した時の感想をお聞かせください。

A. 造作等を含め木の使い方が想像以上!


Q. 家づくりで感動されたこと、苦労されたことなどのエピソードを教えてください。

A. 思ったより丁寧に作られる為、時間がかかることや大工が現場でカスタムしてくれる事に感動した。

撮影:写真家 砺波周平氏